084 浦島太郎

パリのアパートにいても、インターネットを通じて日本のテレビのニュースを見ることが出来ます。
またそれにより、日本でのさまざまな出来事や、政治・経済の動きなど、比較的硬いニュースについては知ることができます。

その一方で、軟らかいニュースについては、なかなか入ってこないもの。
そのため、昨日、久しぶりに日本に帰国して、いくつかの事に驚かされました。

まずは、流行語大賞にもノミネートされたという、波田陽区さんのギター侍。
何とも言えないあの調子と、「残念!」という一言に笑わせていただきました。

また、紅白歌合戦にも出場するという松平健さんの「マツケンサンバ」。
今、なぜ? どうして? という感じです。

さらに、テレビのCMや地下鉄の車内広告で目にする「ヨン様」のお姿。
今は、この方が、人気アイドルなのですね…。

たった7か月のことですが、すでに浦島太郎になった気分。
パリでも、来年4月からはケーブル テレビで「冬のソナタ」を見ることが出来るようになるのだとか。
そうすると、今の日本の韓国ブームも、来年にはパリに飛び火してくるのでしょうか…?

流行り物は気になってしまう私。
パリにいる間は我慢していた分、この1か月の滞在期間中は、日本のテレビや雑誌を思い切り見たいと思います。