082 イニシャルテープ

手芸用品の展示会に行った時のこと。
私達にとっての1番の収穫は、アンティークのボタンや布地、リボンなどを扱う、自称マダム ボタンという女性に出会ったこと。

彼女の展示スペースに所狭しと並べられた布地やボタン、リボンなどは、どれもアンティークの品物ばかり。
その美しさや種類の多さには、本当に驚かされました。

それにしても、数十年も前の布地やボタン、リボンを商うのは、本当に大変なことだと思います。
当たり前のことですが、アンティークの品物を扱う以上、商品を新しく作るということが出来ないからです。
そのため、フランスのどこかに眠っている昔の布地やボタン、リボンなどを、探してこなければなりません。
しかも、できるだけ状態の良いものを…。
きっと、そのご苦労は計り知れないものだと思います。

なお、このマダム ボタン、お客様にはテキパキと対応し、また手の動きや頭の回転も早く、その上気配りも行き届いた素晴らしい方。
私がイニシャルテープの棚に見入っていると…

「欲しい(お探しの)イニシャルがあったら連絡をちょうだいね。ここにはなくても、お家にあるかも知れないから」

…と、声をかけてくださいました。

そして、そんなマダムのお言葉に甘えて、近々何本かのイニシャルテープをお願いしてみようと思っています。
なお、このコラムをお読みいただいている方の中で、ご自分のイニシャルやお子様のイニシャルなどのテープをお探しの方はご連絡ください。
運が良ければ、マダム ボタンから嬉しいお返事をいただくことができるかも知れません。