079 本国での解禁日

お待ちかね、ボジョレーヌーボーが解禁になりました。
私達2人にとっては、はじめてフランスで迎える解禁日。
本国フランスではどんなふうにその日を迎えるのかと、以前から楽しみにしていました。
そしてまた、その様子を日本の皆さまにもお伝えしたいと思っていました。

なお、解禁日の前日、そろそろ何か変化があるのではと、近所の酒屋さんやスーパーマーケットを覘いてみましたが、これと言って変った様子はありません…。
また、今日だけは深夜営業を行って、解禁の瞬間を皆で一緒に迎えるようなイベントも、予定されてはいない感じ…。

そして当日、酒屋さんの入り口にはピンク色のポスターが貼り出され、店内の中央に用意されたかごの中に、ボジョレーヌーボーのボトルが入れられていました。
お値段は1本3~5ユーロ(約400~約700円)。
しかし、しばらく様子を見ていても、お客さんがこぞって買っていくという程ではありません。

ボジョレーヌーボーの解禁日と言えば、日本では毎年ニュースになるほど。
そしてまた、大晦日の年越しのようにカウント ダウンでその瞬間を迎えるようなイメージがあったので、フランスでもそうなのかと思っていたのです。
しかし、身近な生活圏においては、大きな変化は見られませんでした…。

唯一嬉しかったのは、近所のカフェの黒板に「ボジョレーヌーボー、あります!」と記されていたこと。
迷うことなくそれを注文し、フランスでいただく初めての味と香りを楽しみました。