077 パリの地下鉄で居眠り

パリの地下鉄に乗っている時のこと。
日本との大きな違いに気がつきます。

「車内で楽器を演奏する人がいること?」

…いえいえ違います。

「じゃ、皆が大声でおしゃべりしていること?」

…それも違います。

答えは、居眠りをしている人がほとんどいないこと。
東京にいた頃は、毎日地下鉄を利用して通勤していましたが、椅子に座っている人のほとんどは目をつむって静かにしているか、または、居眠りをしていた様に思います。
確かに、混雑している車内では、目のやり場にも困るもの。
自然と目を閉じてしまうものなのかも知れません。

しかし、パリの地下鉄では、目を閉じている人をほとんど見かけません。
みんな普段通り、しっかりと目を開けています。
ましてや、居眠りをしている人は皆無…。
やはり、常に最低限の注意は周囲に向けて払っていないといけない環境なのかも知れません。

しかし先日、ちょっとした気の緩みから地下鉄の中で居眠りをしてしまい、ハッ!と気づいた時には終点の先、操車場まで運ばれてしまいました。
幸い、その車両が折り返し運転になったので事なきを得ましたが、地下鉄の終点と言えばそのほとんどはパリの郊外。
所によっては(路線や地区によっては)治安の良くない場合もありますので、あらためて気をつけなくては…と思いました。