076 アンティークとブロカント

パリでは、大小さまざまな骨董市や蚤の市が開かれています。
フランスにはアンティーク(antique)とブロカント(brocante)という言葉があって、50年を境にしてそれより古いものをアンティーク、新しいものをブロカントと呼ぶようです(100年を境にする考え方もあるそうです)。
そして、開催される骨董市や蚤の市の広告(看板やチラシなど)を見ていると、その市がアンティークを中心とした市なのか、それともブロカントを中心とした市なのかが、タイトルや説明の書き方などで解ります。

なお、アンティーク中心の骨董市には、お城や貴族の邸宅から持ってきたような高級家具や装飾品、絵画などが並んでいて、私達は少し(かなり?)場違いな感じになってしまいます。

先日も、パリ郊外で開かれたアンティークの骨董市に行ってきたのですが、その違いが浮き彫りになってしまいました。
最寄の駅から歩いて会場に向かった私達に対して、他の皆さまはジャガーやメルセデスなどの高級車でお出かけのご様子。

また、ジャンパーにジーパンといういでたちの私達に対して、男性はシャツにネクタイ、女性は毛皮のコートなどを着ていらっしゃいました。

さらに、買った品物を紙袋やビニール袋に入れて持ち歩く私達に対して、皆さまは手ぶら。
後ほど、ご自宅まで届けていただく様です。

一方、ブロカントの蚤の市は、私達にとって親しみのある、身近な存在。

使い古した台所用品や、味のある日用雑貨などが並んでいます。
また、集まって来る皆さまもご近所の方が多いようで、ちょいと覘いてみた…という雰囲気です。

中にはヴィド グルニエ(vide greniere)と呼ばれる、日本のフリーマーケットのようなものもあり、庶民の生活の一部を窺うことが出来ます。
そしてこんな市にこそ、掘り出し物があります。
有名なクリニャンクールやヴァンヴの蚤の市では20ユーロ(約2,800円)以上の値がつけられているお品物でも、ここではたったの1ユーロ(約140円)なんてこともありました。

なお当店では、アンティークの骨董市で見つけた100年以上前のトーション(torchon:布巾)と、ブロカントの蚤の市で見つけたちょっと古いトーションの両方を、近々ご紹介する予定です。
ちなみに、アンティークのお品物とブロカントのお品物とでは、3倍以上の価格差がありました。
写真でその違いがお判りいただけるかどうかは分かりませんが、是非、ご覧になってみてください。