075 慣れって恐ろしい

慣れというのは恐ろしいもので、最近、自分でも気をつけなくてはいけないと思うことがあります。
それはパン屋さんで買ったバゲット(baguette:いわゆる普通のフランスパン)の扱い方。

パリの街中でバゲッドを買った人たちを見ていると、大半の人はバゲットの真ん中あたりにクルリと巻いてもらった紙の部分を手で持って、そのまま持ち歩きます。
中には、長いバゲットをその場でグニャリと半分に折り、お買い物かごの中に突っ込んでしまう方もいらっしゃいます。

また、持ち歩いているバゲットがどこかに触れてしまったり、どこかにちょっと置いたり、そのままメトロ(地下鉄)やバスに乗ったりと、直接口に入れるものでありながら、雑に扱っている人が多いのです。
さらには、買ったバゲットをお子様に持たせて、バゲットの端が地面に着いてしまったり、石畳の上に落としたりしてしまう姿も…。

パリで生活を始めた頃には「えっ~(汚いな~)!」と思っていた僕ですが、知らず知らずのうちにこの街の皆さんと同じようにしている自分に気がついて…。
やはり、日本の衛生観念は素晴らしいもの。
良いところは忘れないようにしなければと思う、今日この頃です。