074 蚤の市の秋

食欲の秋、芸術の秋、スポーツの秋など、日本にはいろいろな秋がありますが、ここパリにもありました。
それは、蚤の市の秋。
パリと言えばクリニャンクールやヴァンヴの蚤の市が有名ですが、10月に入ってからパリのあちらこちらで単発的に開催される蚤の市が多くなってきました。

私達もここ1か月の間に3箇所ほどを回ってみたのですが、クリニャンクールやヴァンヴとは異なる楽しみ方を見たような気がします。
それは、売る方も、買う方も、家族で楽しむということ。

また、この単発的に開かれている蚤の市は、ヴィド グルニエ(vide greniere:屋根裏部屋を空にする)と呼ばれているもの。
日本でいう、フリーマーケットのような感じです。
中には、小学生のくらいの男の子や女の子が不要になった自分のおもちゃを持ってきて、お店に並べている姿を見かけます。

そうなると、当然、お客さんも子供達。
気に入ったおもちゃを手に取って眺めたり、値段の交渉をしている様子は、何とも可愛らしいもの。
脇で見ている大人たちもニコニコしながら、彼らのやり取りを楽しんでいます。

そして売る方、買う方の折り合いが付けば、お財布の中から大切なお小遣いを取り出して、宝物を買っています。
クリニャンクールやヴァンヴでは、掘り出し物を探して目の色を変えていた大人たちも、ここでは終始和やかな雰囲気で楽しんでいらっしゃるようでした。