072 カフェオレボウルって?

先日、フランス人のご家庭で夕ご飯をご馳走になった時のこと。
シャンパンで乾杯したあと、目の前にスープが運ばれてきました。
ベーコンや玉ねぎ、にんじんなどがたっぷり入った、とても美味しそうなスープです。

そして一口いただくと、本当に美味しい味。
すっかり秋も深まった今日この頃、野菜たっぷりのスープは身も心も温まります。

僕がスープをペロリと平らげたら…

「もっとあるけど、良かったらお替りしませんか?」

…とのこと。
お言葉に甘えてお替りをお願いする時に、僕が器を差し出しながら…

「ところで、これ、カフェオレボウルですよね?」

…と言ったら、その場にいらした皆さんがキョトン!とした表情をなさいました。

「えっ、何ですって?」

「この器、カフェオレボウルですよね?」

「カフェオレボウル…?」

「えっ! 違うんですか?」

驚いたことに、フランスではカフェオレボウルとは呼ばず、単にボウル(bol)と呼ぶそうです。
そしてまた、その用途もカフェ オ レを飲むためだけに使うのではなく、いろいろなものを飲んだり食べたりするための器として使っているとのこと(日本の、丼や椀のように…)。

パリに来たばかりの頃、この器を使ってカフェ オ レを飲む人も今は少ない(日本と同様、普通のコーヒーカップなどを使って飲む人が多い)とは伺っていたのですが、カフェオレボウルとすら呼ばないことを知ってビックリ!

「日本では、カフェオレボウルと呼ばれていて、とても人気があるんですよ。アンティークのもので状態が良ければ1個70ユーロ(約10,000万円)以上します」

…と言ったら、それを聞いたフランス人のほうが、もっとビックリしていらっしゃいました。

「何なら、このボウル売ってあげるけど、どう?」。