071 パリ、ホームステイの現実

パリでのホームステイは、なかなか厳しいというお話を耳にしました。
ホームステイと言うと、ホストファミリーが温かく迎えてくれて、本当の家族の様に親しくなって、別れの時には涙を流す…などと想像しますが、フランス、特にパリの場合には、そうではないこともあるようです。

まず、ステイ先の家族構成については、お父さんとお母さんが揃っていないこともあり、時には男性の1人暮らしのお家にステイすることになることもあるのだとか。

また、朝晩に出される食事については、その内容が寂しく感じてしまうこともあるそうです。
フランスの食事なんていうと豪華なように思ってしまいがちですが、一般的な家庭の日常的なお食事は、日本よりも質素であるようです。
また、ステイ先のご家族とは異なる食事が用意され(献立がより豪華な場合も、より質素な場合もある)、一緒に食べるのを戸惑ってしまうこともあるのだとか…。

さらに、日本人は毎日シャワーやお風呂を使うからと水道代として追加料金を請求されたり、髪の毛でお風呂場の排水溝が詰まったと修理代を請求されたりというお話も聞きました。

パリでのホームステイについては、「一般のご家庭にお世話になる…」というよりも、「ホームステイをビジネスとして捉えているお宅に間借りをする…」という考え方が必要な場合もあるようです。