068 あれは誰? 犬? 狼?

夕方の薄暗くなる頃を日本では「たそがれ時」といいますが、これは「誰そ彼れ」からきており、「薄暗くて、人の姿の見分けがよくつかない頃」という意味なのだそうです。

先日、パリでお世話になっているご夫妻とドライブに出かけた時のこと。
帰りの時間が遅くなり、途中で辺りが暗くなってきました…。

なお、フランスでは、夕方の薄暗くなる頃を「アントレ シアン エ ルー:entre chien et loup(犬か狼か見分けがつかない)」と言うのだとか。
狼が出てくるとはヨーロッパらしいな~と思いつつも、「ものの見分けが良くつかない」ということについては、日本もフランスも似ているのだなと、嬉しく思いました。

そして日本では「たそがれ時」と言うことを伝えると、深くうなずいてくれるお2人。
国や文化は違えども、こういう感覚は似ているのですね。

そして、「他の国や地域ではどんなふうに言うのかな…?」、なんてぼんやり思っていたら、遠くにエッフェル塔の灯が。
でも、こればかりは東京タワーとは間違えません。