067 ほーら、バゲットだよ!

ロシア人のアクシニアさんと、フランス人のティボさんが、急に我が家に遊びに来てくれることになり、待ち合わせまでの30分ほどの間に、あわてて夕ご飯の準備に取り掛かりました。
冷蔵庫の中に残っていた材料で、サラダとミルク シチューは作ったけれど、あいにくお酒もパンもありません。
しかし、買いに走る時間もなく、そのままお2人を迎えに行くことに…。

待ち合わせ場所でお2人に会った後…

「ワインがないので買いたいんだけど…」

…というと…

「白ワインを買って来たから大丈夫」

…というティボさん。
さらに私が…

「それに、バゲット(baguette:いわゆる普通のフランスパン)もないんだけど、もうお店も閉まっちゃってて…」

…と言うと…

「それなら、近くのレストランに仲良しのシェフがいるから、彼にお願いして分けてもらおう。ちょっと待ってて!」

…との心強いお言葉。
さすが、この辺りでは人気者の彼。
パンだって分けてもらえるのね!と感激していると…

「ほ~ら!」

…と言って戻って来た彼が手にしていたのは、割り箸4膳…。
フランス語でバゲット(baguette)とは、パンの他にお箸という意味もあるのですね。

彼が入って行ったお店が中華レストランだったので、良く考えてみればパンを分けてもらえる方がおかしいのですが…。
初めからパンのことだと分かっていたアクシニアさんと私は大笑い。
そして、ようやく事を理解したティボさんは苦笑い。
いただいた割り箸を握り締めたまま、夜遅くまで営業しているフォション(FAUCHON)に行って、お目当てのバゲットを買いました。