066 交差しない交差点

交差点(カルフール:carrefour)と言えば、道路が交差するところ。
しかしフランスには、道路が交差しない交差点があります。
いえいえ、フランスの有名なスーパーマーケットのことではありません。
本物の、道路の交差点のお話です。

例えば、有名なパリの凱旋門。
大きな広場の真ん中に凱旋門が立っていて、その周りを車がクルクルと回っています(左回りに…)。
広場から八方に伸びた道からは、たくさんの車が次々と入って来て、凱旋門の周りをクルクル回り、そして、各自が進む道へと吸い込まれて行きます。

また、パリ郊外やフランスの田舎に行くと、もっと小さな交差点もあります。
広場の中央には花壇などが設けられており、交差点に入って来た車はその周りをクルクルと回り、そして、各自が進みたい道へと向かって行きます。

この仕組み、私達日本人にとっては慣れるまでに大変かも知れませんが、信号機による待ち時間もなく、思いのほかスムーズです。

なお、本当かどうかは分かりませんが、フランス人は物事を良く考えて(頭の中をクルクルさせて)、そして「これだ!」と思ったらその方向に真っ直ぐに突き進む人が多いのだとか。
そしてこの習性が、フランスの交差点事情から来ているものだと伺ったことがあります。