065 グニャグニャのクタクタ

パリの街中を歩いていると、小さな子供達にたくさん出会います。
みんな本当に可愛らしくて、まるでお人形さんのよう。
お母さんに抱っこされている生まれたばかりの赤ちゃんから、おしゃぶりを口にしてベビーカーに乗っている子、お母さんやお父さんに手を引かれながら歩く子など。

そして、彼、彼女が決まって手にしているのは、うさぎや犬、キリン(何故か、パリはキリンが多い…)などのぬいぐるみ。
この、うさぎや犬、キリンたち、子供達に徹底的に愛されて、くたびれた感じのものが多いのです。
お家に帰れば別のおもちゃもあるのでしょうが、やはりこれが1番のお気に入りなのでしょう。

うさぎは耳が取れかかっていたり、だら~んと伸びて道に引きずられていたり…。

犬は何度もキスされて顔の辺りが薄汚れていたり、もともとどんな目鼻立ちだったのかよく判らなかったり…。

キリンはキリンで、握るとキュッ! キュッ!と音がするはずなのですが、その音すらもスカッ! スカッ!と僅かに鳴るばかり…。

そう、グニャグニャのクタクタになるまで、子供達に愛されているのです。
しかし、その様子が本当に可愛らしくって…。