060 フランスからの通販初体験

「日本の包丁が欲しいんだけど」

…と、アパートの大家さんご夫妻にお願いされて、インターネットの通販で、日本から包丁を2本買いました(うち1本は大家さん用、もう1本は私達用)。

先日、大家さんから見せていただいたフランスの料理雑誌に、日本製の包丁の切れ味の素晴らしさや使い勝手の良さ、お値段などを比較したランキングが掲載されていて、その中で第1位になった mac というメーカーの包丁が欲しいと言うのです。

パリでは、料理通の方々の間で日本の包丁に人気があり、日本の包丁を持っているだけで「ちょっとお料理にはうるさいよ」という証になるのだとか(?)。

そういえば、私達がパリに来てすぐの頃、アパートのキッチンに置いてあった包丁があまりにも切れないのでビックリしたものです。
また、片刃だったり、角が無かったり、野菜をまっすぐに切ることが出来なかったりと、本当に使いづらいものでした。

そのため、デパートに行ってフランス製の新しい包丁を買って来たのですが、これも似たり寄ったり…。
仕方がないので我慢して使っていたら、ある日突然、持ち手と刃のつなぎ目の部分からパッキーン!と折れ、私の手の甲で跳ね返った後、壁めがけて飛んでいってしまいました…(怖)。

さて、先日、日本から届いた包丁の切れ味はというと、とにかくこれが素晴らしいのです!
キャベツなどを千切りしていると気持ち良くなってしまうほど(お陰で、最近我が家の食卓にはキャベツの千切りばかりが登場します…阿部談)。

また、もともとこの包丁を欲しがっていた大家さんご夫妻も大喜び!

「これは凄いわ。本当に素晴らしい~!」

…とおっしゃってくださいました。
さすが、日本製! 世界一!