056 漁業関係者? 船舶関係者?

日本にいた頃、フランス製のボーダーシャツ(ヨコ縞の長袖シャツ)を好んで着ていました。
モンサンミッシェル(Mont Saint Michel)に波とカモメがトレード マークになっている、あれです。

ザブザブ洗ってカラリと干して、素肌に着るととても気持ち良く、夏の間は大活躍。
また、それをパリにも持ってきて、夏の間に着ていました。

ところが、パリの街中では、このボーダーシャツを着ている方をあまり見かけません…。
以前、パリから150キロほど離れた小さな港町に行った時に、町中の洋品店に並んでいるのを見かけたくらいです。

しかし先日、パリのバスティーユのマルシェ(朝市)に行った時のこと、お魚や貝、蟹などを売るお店の方々の多くが、このボーダーシャツを着ていらっしゃいました。

ヨコ縞の柄は日本でも「マリン」と呼ばれて、夏の爽やかなイメージがありますが、本場フランスでは、本当に海に関わる(携わる)方々が着ていらっしゃる様です。