055 プラスチックバッグいります?

パリの街中にある問屋さんで、商品の仕入れを行った時のこと。
お支払を済ませ、さて帰ろうかという時に、お店の方にこう聞かれました。

「プラスチックバッグ、いりますか?」

…と。私達が…

「はい、お願いします」

…と答えると、店員さんがカウンターの下から取り出したのは、真っ黒で大きなビニール袋。
日本ではゴミ袋として使われているあれです。

その中に、たったいま支払を済ませたばかりの品物を次々と入れ、最後はガムテープでグルグルっと縛って、持ち手まで作ってくださいました。
私達が目を丸くして見ていると、店員さんは…

「ヴォアラ(Voila:はいよ)!」

…と得意げな表情。
我ながら上出来という感じなのでしょう。

しかし、私達が驚いているのはその出来の良さにではなく…

「こっ、これがプラスチックバッグなの(これ、ゴミ袋ですよね)?」

…ということ。

その袋(いや、バッグ)を持って問屋街を歩いて往くと、同じようなバッグを持った方々とすれ違いました。
もちろん、以前にもこのような光景を目にしたことはあったのですが、中身はゴミだとばかり思っていたのです。

自宅に戻り、「ビニール袋」という言葉を辞書で引いてみたら、確かに「sac en plastique」と記されていました…。
まだまだビックリすることの絶えない、フランス パリ…。