050 赤? 黒?

8月も下旬となり、バカンスももうすぐ終わり…。
夏休みを南で過ごした大勢の人達が、一斉にパリに戻っていらっしゃる頃です。

そこで発生するのが道路の渋滞。
日本とはお休みの長さ(日数)は違えども、渋滞が起こってしまうところはフランスも一緒なのですね。

ちなみにフランスでは、道路の渋滞予測を色で表現するそうです。
渋滞のない、スムーズな日は緑の日。
少々渋滞する程度ならオレンジ。
かなりの渋滞が予想される日は赤の日で、それ以上(ほとんど動かない状態?)なら黒の日と呼ぶそうです。

そして、これらの色は、テレビのニュースや交通情報などで用いられるのだとか。
日本の場合には、長さ(何十キロ)を用いて定量的に渋滞の状況を表しますが、フランスでは、色を用いて定性的に表現するのですね。

それにしても、赤や黒というのは、その時の心境をよく表しているような気がします。