046 南仏、バスの旅

今回の南仏プロヴァンス(Provence)の旅で、何度かバスを利用する機会がありました。
本当はレンタカーを借りる予定だったのですが、いくつものバスの路線があることを知り、それを利用してみることにしたのです。

私達の行き先が小さな町や村ばかりということもあるのでしょう、同乗するお客さんは、いつもほんの数人。
ゴルド(Gordes)の村へ行った時には、往きも帰りも私達2人だけでした(バスも1日に3往復しかありません)。

また、田舎道をのんびり走るバスですから、運転手さんとお客さんが世間話をするのも日常茶飯事。
そして、お客が私達しかいない時には…

「ここはメロンの産地なんだ。ここのメロンはフランスで1番美味しいよ!」

…とか…

「この辺りはフランスで最も美しいところさ。どうだい、きれいだろ?」

…なんて、話しかけてくださるのです(フランス語ですので、私達にはその一部しか理解することは出来ませんが…)。

なお、印象的だったのは目的地までに見る車窓からの景色。
プロヴァンスのぶどう畑やオリーブ畑の中を進む時の風景は、終わりのない、美しい映像を見ているかのようでした。
また、終点までの間に点在する小さな村々を繋ぐように、寄り道をしながら走るのですが、昼間でもひっそりと静まりかえった、ただ、蝉の声だけが盛大に響いているような小さな村を訪れるのは、本当に楽しいものでした。

そして、もう1つの楽しみ。
それは、出かけた先の町や村でいただくその土地のワイン。
美味しい田舎料理のお昼御飯と一緒に、思い切りその味や香りを楽しむことが出来ます。
これは、レンタカーの旅では味わうことの出来ない、本当の贅沢でした。