043 お次はどちらに?

突然ですが、フランスの地図を1枚、頭の中に思い描いてみてください。
そして、地図の隅のあたりに、2004年と書いておいてください。

また、同じ地図を他にも何枚か用意して、それぞれの地図の隅のあたりに、2003年、2002年、2001年…と、1枚ずつ書いておきます。
そう、1年ごとに1枚の地図を用意して、それを何枚も重ね合わせておくのです。

そして、フランス ワインを飲む度に、そのワインが生産された年と産地を確認し(例えば、2000年のボルドー ワインなど)、先程用意した地図の中の、2000年の地図のボルドー地方の辺りに、シールを1枚貼ります。
赤ワインなら赤い丸のシール、白ワインなら白い丸のシール、ロゼワインならピンクの丸いシール…というように。

そして、フランス ワインを飲む度に、これを繰り返していきます。
すると、ワインとともに訪ねるフランス旅行記の出来上がり。

あとは、その土地の風景を想像したり(酔いも手伝って、さぞや美しい風景になるのでは?)、その年の出来事などに思いを馳せたり、飲んだワインの味や香り、その時の心情などを地図に書き込んでおきます。

さらに、これを繰り返していくと、星の数ほどあるフランス ワインの中から、自分の好みが解ってきたり、次に飲んでみたいワインが見えてきたりもします。

また、同じ産地の、異なる年のワインを飲んでみて、その味や香りの違いを楽しんだり、同じ年の、異なる産地のワインを飲んでみて、その地方の特色を楽しんだり…。

さて次は、何年の、どの地方を旅しましょうか?
ボン ボヤージュ(Bon voyage:良い旅を)!

(頭の中でなく、本当に白地図を用意してやってみると、楽しいかも知れません。)