040 小さな出会い

先日、パリの街角で写真を撮っていた時のこと。
僕がカメラを構えていると、前を通りかかった小さな女の子がカメラの前にひょっこりと立ちました。
そして、僕がファインダーから目を外すと、ニッコリ笑って、向こうに走って行きました。

きっと、彼女なりのおふざけだったのでしょう。
でも、その様子や笑顔がとっても可愛くて、何だか嬉しくなってしまいました。
そして、今になって思うと、元気に走り去って行く彼女の後ろ姿こそ、写真に撮るべきだったと思うのです。

また先日、注文していた絵本を取りに、近所の本屋さんへ行った時のこと。
自分の名前と絵本の名前を女性の店員さんに伝えたら…

「あら、その絵本、私も大好きなの!」

…とニッコリ笑っておっしゃいました。
それが本当なのかどうなのかは分かりませんが、その時の表情や言葉の抑揚がとっても面白く、何だか嬉しくなってしまいました。

パリの街中で出会うさまざまな人たち。
出会いとは呼べないほどの小さなものですが、この、ほんの一瞬の心のふれあいが、私達に元気をくれます。

いくつもの出会いが生まれては消える街、パリ。
その魅力にますますはまっていきそうです。