027 彼女にとってのパリ

夕方、相方(水野)と2人でパリの街を歩いていた時のこと…。
とあるアパートから、1人の女性が出ていらっしゃいました。
すでに、かなりお歳のご様子。
杖を突いたその小さなお身体から、そう察することが出来ました。

そして、彼女とすれ違う瞬間、彼女が日本人であることが判ったのです。
僕と相方が日本語で話しながら歩いていたため、彼女にも私達2人が日本人であることがお判りになったのでしょう。
すれ違いざまに、彼女は軽く会釈をしてくださったのです。

真っ白な開襟シャツが印象的な、とても穏やかそうな方でした…。

私達がアパートの前を通り過ぎ、そっと後を振り返ると、彼女は杖を突きながら、ゆっくりと反対の方に歩いて行かれました。
ほんの一瞬の出会いだったのですが、今になって思うと、何か言葉を交わすべきではなかったかと悔やまれてなりません。

彼女にとって、パリとは、どんな街なのでしょうか…。