022 先生と生徒

向かいのお部屋に住むジェニフェちゃん、8歳。
彼女とはフランス語と英語、そしてボディ ランゲージでコミュニケーションをするのですが、先日、私達のフランス語の先生になってくれるように頼んでみました。

日本から持ってきたフランス語のテキストを指差しながら…

「Vous, professeur(あなた、先生)、Nous, etudiantes(私達、学生)」

…と言うと、少し首を傾げた後に…

「Non, non !(いいえ、いいえ!)」

…との答え。

先生になってくれないのかな~と思ったら…

「Vous etes ecolier(あなた達、小学生レベルの生徒)」

…とのお返事。
確かにそうだけど、そこまではっきり言われると、ちょっとショック!

気を取り直してテキストを読み上げながら発音などを直してもらうのですが、先生はすぐにゲーム ボーイに夢中になってしまいます。
先生、お願いだからもうちょっと真剣に教えてくれないかな…。