パリで楽しむアフタヌーン ティー(紅茶)

014 午後の紅茶

先日、パリで骨董店を営むカトリーヌさんをお訪ねした際に、アフタヌーン ティーに誘っていただきました。
アフタヌーン ティーという言葉は日本でも聞いたことがありましたし、また、その言葉から想像することも出来ましたが、実際に体験するのは初めて。

心地良い日の午後、ご近所の方々が集まって中庭にテーブルと椅子を出し、一緒にお茶を楽しみます。
元々はイギリスの言葉であり、習慣であるそうですが、ここパリでも楽しまれているとのこと。
この日はアールグレイの紅茶とお菓子をいただきました。

午後3時頃から始まって午後5時頃まで、のんびり、ゆったりと紅茶とお話を楽しみます。
子育てのこと、お住まいのこと、そして日本のことなど…。

また、その様子はとても優雅。
気取っているということでなく、皆さんがゆったりと、リラックスしていらっしゃいます。
いつもこんなに優雅で上品なのかは分かりませんが、生活に精神的なゆとりを感じさせる、とても贅沢なひと時でした。