パリのファッションと色遣い

007 フランス 魅力の色合い

今、パリの街中でとても気になる色があります。
それは、ピンクと黄緑の組み合わせ。
ポスターや看板、アクセサリー、道行く人のファッションなど、さまざまなところに使われています。

また、この配色は、当店の商品をラッピングするときにも使っています。
この時のピンクは少し紫に近く、また、黄緑は少しくすんだ感じが素敵です。

パリジェンヌのファッションは黒を基調にしていることが多いので、黒とピンク、黒と黄緑という組み合わせも目を惹きます。

そして、もう1つの気になる色。
それは、小さな女の子のお洋服に使われている紫です。
ピンクに近い薄い紫から、茶色に近いくすんだ紫色まで、とても上手に組み合わせている女の子が多いのです。
ダウン ジャケットやセーター、パンツ、タイツ、靴と、どれも色を揃えてその明度差でコーディネートしている様子には、感心させられます。
もちろん、お母様のお気遣いによるものだとは思うのですが、小さな子供でもさりげないおしゃれを楽しんでいる姿は、見ている方も楽しくなります。