003 ル ビッソン アルドン

ホテルやレストランの格付けで有名なミシュラン ガイド。
その中でビブ グルマン(お手頃なお値段で美味しいお料理を食べることができるお店)として紹介されたレストランを実際に訪ね、お料理や雰囲気、ワインなどに関する私達なりの感想をお伝えいたします。
第3回は、パリのカルチェラタンにあるレストラン。
地元の人達に愛される、雰囲気の良いお店です。

店内
1925年のフレスコ画はお店の自慢。
古き良きビストロの雰囲気と、清潔感のあるモダンな雰囲気とがバランスよく漂います。

【レストランの概要】

たくさんの高校や大学が集まるパリの文教地区、カルチェラタンにそのレストランはあります。

しかし、学生街にありながら、学生達が集まるお店ではありません。

私達は平日のお昼にお邪魔しましたが、お客さんの多くは、ご近所にお住まいのムッシュやマダムのようでした。

●店名
ル ビッソン アルドン(LE BUISSON ARDENT)

●所在地
25 rue Jussieu 75005 Paris

外観
気取らない、親しみやすい雰囲気の外観。

【お料理】

私達は、平日のお昼にお邪魔しましたが、今日日、パリでこのお値段で食べることのできるお昼ご飯としては、質、量ともに良いと思います。
まさにお値打ち、是非お試しください。

またお料理は、身近な、旬の素材を使ったものが多いようです。
そして、盛り付けもきれい。
舌だけでなく、目でも楽しむことができます。

なお、前菜、主菜ともに量は少し多めですが、味付けは軽く、食べ易いと思います。

さらに、自家製のパンが美味しいので、こちらは食べ過ぎに注意!

なお、お昼ご飯は手書きの黒板から、また、夕ご飯は読みやすく印刷されたメニューから選ぶようです。

また、ワインの品揃えも十分。
お好みに合う1本が見つかるものと思います。

赤ピーマンとツナのピザパン
前菜の、赤ピーマンとツナのピザパン。

トマト風味のマッシュルーム
前菜の、トマト風味のマッシュルーム。

若鶏 ドフィネ地方のグラタン添え
主菜の、若鶏 ドフィネ地方のグラタン添え。
シンプルかつ伝統的なお料理。

タイ風、鯛のクリームソース
主菜の、タイ風、鯛のクリームソース。
赤こしょうやシブレット(ciboulette:ねぎの一種)が効いています。

梨とアーモンドのパイ
デザートの、梨とアーモンドのパイ。
あぁ、こんなデザートまで付いて、このお値段。
本当にお値打ち…。

苺のスープのシャーベット
デザートの、苺のスープのシャーベット。
一口食べて、うっとりする美味しさ…。

自家製のパン
自家製のパン。
自家製パンを出すレストランは他にもあるけれど、ここのは素朴で美味しい。

【雰囲気】

お店の外観は、とても明るい印象です。
また、お店の前、歩道の上にはテーブルと椅子が並べられ、お天気の良い日は本当に気持ち良さそう。

一方店内は、清潔感を保ちながら、ちょっと昔の雰囲気をあえて作り出したような感じ。
さらに、テーブルや椅子の座り心地も良く、ゆっくりと落ち着いて食事を楽しむことができます。

また、周りのお客さんたちも、皆、楽しそう。
ご近所にお住まいのマダム達が、ワイングラスを傾けながら、食事とおしゃべりを楽しんでいらっしゃいました。
また常連さんと思しきムッシュは、お1人で、お昼のひと時を楽しんでいらっしゃるご様子。
まさに、地元の方々に愛されている感じが伝わってきます。

あ~お昼から、こんなに美味しいものを食べることができるなんて、本当に幸せだな~というのが私達2人の感想。
そして、こんなお店が身近にあり、しかも、お手頃なお値段でお腹いっぱい楽しむことができるところが、この街のすごいところ。
まるで、楽しい午後や、楽しい1日が約束されたかのような、そんな幸せなお昼ご飯なのでした。