007 リサ モンデール

パリジェンヌ(パリジャン)の素顔をご紹介するパリジェンヌの履歴書。
第1回にご登場いただいたジュリエットさんのお家に住むことになった漫画家のリサさん。
南仏マルセイユから来たばかりだから「パリジェンヌじゃないよ」というけれど、もうパリでもバリバリお仕事しています。

リサ モンデール
バスティーユのアトリエで作業中の漫画家、リサ モンデールさん。

【履歴書】

●氏名
リサ モンデール(Lisa MANDEL)

●生年月日
1977年04月23日

●住所
パリ20区

●学歴
1995年…マルセイユにてバカロレア F12(芸術)取得
2001年…デ ザール デコラティフ ド ストラスブール、イラストレーションを修了

●職歴
2003年…初めての漫画本「NiNi PATARO (ニニ パタロ)」(GLENAT出版)を発表
2003年…旅行記「7 mois au cambodge(カンボジアの7か月)」(GLENAT出版)を発表
2004年…漫画本「NiNi PATARO (ニニ パタロ) T2」(GLENAT出版)を発表
2004年…漫画本「EDDY MiLVEUX (エディ ミルヴー) T1」(MiLAN出版)を発表
2005年…漫画本「NiNi PATARO (ニニ パタロ) T3」(GLENAT出版)を発表
2005年…漫画本「EDDY MiLVEUX (エディ ミルヴー) T2」(MiLAN出版)を発表
2006年…漫画本「l'ile du Professeur Meme」(MiLAN出版)のシナリオ担当
2006年…リサのブログ本「LiBRE COMME UN PONEY SAUVAGE」(DELCOURT出版)予定
2006年…「PRiNCESSE AiME PRiNCESSE」(GALLiMARD出版)予定
2006年…漫画本「NiNi PATARO (ニニ パタロ) T4」(GLENAT出版)予定

●趣味・特技
好きなもの…漫画と長期旅行(その土地で働く人々からいろいろなことを学べるから)
夢を見ること(次の旅行の夢、キスする夢…)

●家族・同居人
ジュリエットと2人でアパートをシェアしています

履歴書
リサさんの履歴書。

履歴書
とても真剣な話を書いてくださいました。

リサさん
リサさん。

リサさん
表情が豊かで、自らが漫画みたいです!

【ライフスタイル】

●アフターファイブはどう過ごす?
お酒を飲みに出かける
夕食を食べに出かける
夕食の準備をする

●週末はどう過ごす?
読書をしておとなしく過ごす
南フランスへ行く
見本市のサイン会に行く
友達に会いに公園に行く
買い物をする
恋愛をする

●もしも宝くじが当たったら?
アートの学校を創って世界中の学生達が絵を勉強できるような奨学金をあげる
彼らがフランスで学んだことを自国に戻って役に立ててもらえるように

●フランスで好きな場所は?
マルセイユ
私はそこで生まれ、育ったから。いつも天気が良くて、海があって、カルチャーのごちゃ混ぜになっている場所。汚れているけれど、活気もある

●日本のイメージは?
お金持ち
テクノロジー
独特
ミステリアス
男性優位の考え方
階級制度
自然を愛する
生活の美
空手

漫画本
リサさんが手がけた漫画本。
シリーズで続々出版されます。

漫画
他の漫画家さんにストーリのみを提供することもあるそうです。

漫画家仲間
バスティーユのアトリエをシェアしている漫画家仲間のみなさん。

【パリでの生活】

リサさんの得意料理は、うさぎ!
1匹丸ごとマルシェ(朝市)で買ってきて、お腹にはコリアンダーなどのハーブを詰めて、マスタードをたっぷりと塗って、オーブンで焼きます。
肉汁に生クリームを混ぜてソースとしてかけるシンプルな味付け。
付け合せには茹でたじゃがいも。
リサさんの地元、マルセイユでもうさぎをよく食べるそうです。
今日は、そんなリサさんの手料理をいただきながら、お話聞かせていただきました。

数年前にカンボジアに長期滞在して以来、毎年1か月以上はカンボジアで過ごすことにしているのだとか。
漫画家として契約も順調に増えてきて、忙しくも、とても充実した毎日を過ごしているようです。
フランスの漫画はB.D.(バンド デシネ)と呼ばれ、日本の漫画よりも1ページあたりのコマが多いなど、雰囲気は少し異なりますがポピュラーな読み物。

うさぎ
オーブンで焼きあがったうさぎに茹でたポテトを混ぜる。

マスタード
今回はマスタードを1瓶、たっぷり使いました。